更年期 サプリ

 

更年期の症状はサプリメントで和らげる事ができます。

 

 

更年期で悩む女性

更年期は誰にでもやってくるものです。

不調を感じながらも、つらい更年期一人でがまんしていませんか?

 

長い更年期が過ぎるのをじっと耐えるのは大変な事です。少しでも不調を軽減し、毎日を元気に楽しく過ごせるようにしたいですよね。そんな時はサプリメントの力を借りてみてはいかがでしょうか?

 

更年期向けのサプリメントは数多く販売されています。その中でも自分の不調にあったサプリメントを摂取することで、軽減することは可能です。自分に合ったサプリメントを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

更年期とは

 

更年期とは閉経を挟んだ前後5〜10年の期間を指します。40歳あたりから卵巣の働きが少しずつ衰えていき、そして閉経を迎えます。
閉経は50歳前後で迎える方が多いとされていますので、45〜55歳あたりが「更年期」と言えるでしょう。
卵巣機能が低下していく事によって、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)が徐々に減少していきます。そのため、ホルモンバランスが崩れることによって自律神経が乱れ、カラダに不調が現れます。この症状を「更年期障害」と呼び、日常生活にも影響を及ぼす場合は治療が必要となります。

 

更年期障害と女性ホルモンの関係

 

更年期障害は女性ホルモンが原因で起こります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、更年期障害はエストロゲンが不足することでさまざまな症状が現れるのです。

 

エストロゲンは、若い世代であればどんどん分泌することが出来るでしょう。子供を産むため、体を女性らしくするために、増え続けているのです。しかし年齢とともに卵巣の機能が低下していくと、卵巣が十分なエストロゲンを分泌することが出来なくなってしまいます。エストロゲンの分泌が出来ないの刺激ホルモンを多く出しエストロゲンを排出使用とするので、卵巣機能がどんどん低下してしまいますし、視床下部が混乱に陥ってしまうでしょう。

 

そのせいで、ホルモン分泌をコントロールできなくなってしまったり自律神経が狂ってしまうので、イライラしたり、頭痛やめまい、のぼせや肩こりなど更年期障害の症状が現れてきます。エストロゲンを作ることが出来ない状態に体が慣れれば更年期障害の症状も落ち着きますが、それまでは体にさまざまなトラブルが発生し更年期障害となって表れるでしょう。

 

 

代表的な更年期の症状

 

更年期の症状

 

更年期の不調の原因は様々なものがあります。

 

疲れやすい、肩こり、腰痛、頭痛、眼精疲労、のぼせ、ほてり、冷え、イライラ、うつ、不眠、関節痛などの更年期の体の不調は、エストロゲンの急激な減少、加齢、ストレス、疲労や別の病気などが原因で起こります。

 

閉経が近い年齢になると卵巣の機能低下により、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減少していきます。エストロゲンの減少により自律神経中枢に影響を及ぼし、自律神経が乱れてきます。更年期の時期は、子育てや親の介護など精神的ストレスがかかる時期でもあるので、精神的な不調も合わさることで更年期障害による体の不調が症状として露呈するのです。

 

更年期障害はエストロゲンの急激な変化に体がついていけないことで起こります。もともと自律神経が乱れがちな人や完璧主義の人、ストレスに弱い人は更年期障害の症状が出やすくなるので注意しないといけません。
また、症状の裏には違う病気が隠れている可能性もあります。不調を強く感じるようでしたら医療機関を受診することをおすすめします。

 

更年期障害の症状例
のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)・発汗・肩こり・腰痛・頭痛・腹痛・耳鳴り・からだの冷え・不眠・イライラ・めまい・不安感・動機・記憶力や判断力に低下・月経異常・疲労・倦怠感

 

 

20代から30代の女性も要注意!若年性更年期障害

悩む女性

閉経を挟んだ前後の期間の更年期に起こる「更年期障害」に対し、20代〜30代の女性が同じような症状が起こるケースがあります。それを「若年性更年期障害」と呼びます。

「若年性更年期障害」は、家庭や仕事などのストレスや生活習慣の乱れ、過度のダイエットなどが原因で卵巣の働きが低下し、ホルモンバランスが乱れてしまう事で「更年期障害」と同様の症状が現れてしまっている状態です。

 

更年期の過ごし方

 

生活習慣・食生活の改善

生活習慣・食生活の改善

規則正しい生活をおくる事が重要です。栄養バランスの良い食事を取り、適度な運動を取り入れ、質の良い睡眠をとることを心がけましょう。深酒や喫煙は控えたほうが良いでしょう。大豆イソフラボンを積極的に摂取する事をおすすめします。

 

リラックスする時間をつくる

リラックスする時間をつくる

ストレスが溜まりやすい時期です。忙しい毎日の中に少しでも心が落ち着ける時間を作るようにしましょう。趣味を楽しむ、ゆったりとお茶を飲む、静かな空間で読書をするなど自分のための時間を作りましょう。それだけでも症状が軽減する事もあります。

 

サプリメントを飲む

サプリメントを飲む

食生活だけでは補えない栄養素や成分はサプリメントで補う事で症状が和らぐ事があります。自身が感じる不調を改善する成分の入ったサプリメントを選ぶようにしましょう。市販のドラックストアやネットなどで更年期障害向けのサプリメントが購入できます。

 

 

病院

それでも症状が改善されない、ひどくなってしまう場合は医療機関を受診する事をおすすめします。更年期は長いです。一人で苦痛をじっと耐える毎日は辛いです。少しでも軽減できる方法を専門医に相談しましょう。

また、更年期障害と思っていたら実は違う病気が隠れているケースもありますので、つらい症状が続く時は迷わず受診するようにしましょう。

更年期の不調を軽減するサプリメントランキング

第1位キッコーマン からだ想い


キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」



キッコーマンのからだ想い「基本のサプリ」は、40代から50代の変化しやすい女性の美容と健康を考えて厳選した4つの成分、ぶどう種子ポリフェノール・イソフラボンアグリコン・ビタミンD3・葉酸を配合したサプリメントです。2粒にぎゅっと凝縮されているので、飲みやすく無理なく続けられます。

女性

ここがポイント!

大豆のスペシャリストのキッコーマンが厳選した高品質の大豆イソフラボンアグリコンを配合しています。「アルリゴン型」の吸収されやすい独自素材を取り入れている事がこのサプリの特徴です。

からだ想い・基本のサプリの価格



からだ想い・基本のサプリの公式サイトはこちら



第2位高麗人参サプリ【高麗美人】


高麗人参サプリ【高麗美人】



更年期の女性のための高麗人参サプリ【高麗美人】はモンドセレクション4年連続金賞を受賞したリピート率88%の人気のサプリメントです。【高麗人参】には大豆の約7.7倍のサポニンやビタミン群・カルシウム・アミノ酸など98種類の栄養素がぎゅっと詰まっています。

女性

ここがポイント!

【高麗美人】には本場の韓国でも希少価値が高いプンギ産の高麗人参のみを使用しており、プンギ産の中でも栄養価が高いと言われている「6年根紅参」を使用しています。

高麗人参サプリ【高麗美人】の価格



高麗人参サプリ【高麗美人】の公式サイトはこちら




第3位白井田七


さくらの森・白井田七



完全無農薬・有機栽培で育てられた田七人参を錠剤にした白井田七は、サポニン・フラボノイド・必須アミノ酸・その他からだのバランスを整える成分をたっぷり配合された和漢の力たっぷりのサプリメントです。年齢によるさまざまな不調を改善する効果が期待できます。

女性

ここがポイント!

白井田七は高麗人参の約7倍のサポニンの量が含まれている田七人参を飲みやすい錠剤タイプにしています。一日4粒飲むことで田七人参に含まれる豊富な栄養素をしっかりと実感できます。

さくらの森・白井田七の価格


さくらの森・白井田七の公式サイトはこちら


更年期の体験談

 

更年期体験談01

サプリで症状が軽減しました。

現在42歳の私ですが、明らかに30代の頃と身体の状態が違う事に薄々気がついていました。でも、持病の体調が悪かったりストレスを抱えていたので、まだ自分が更年期に差し掛かっているとは気づいていませんでした。

 

去年の秋頃から何となく生理不順になった気がしていましたが、それもストレスのせいだと思いこんでいてその状態のままにしていました。今年に入ってからも立て続けに色んな事が起こり生理不順の事は後回しになっていたら、3月頃、まだ暑くもない季節なのに突然身体中が暑くなり背中に汗をベッタリかくようになりました。よくよく考えてみると、もしかしたら私は更年期なのかも知れない事に時に気づき自分なりに色々と調べたりしたら、熱くなるのはホットフラッシュという更年期症状の独特の症状だという事が分かりました。

 

年齢的には自分ではまだ早いと思っていましたが、このままの状態では早期に閉経してしまう可能性があると知り、更年期障害に良いと言われているロイヤルゼリーを飲んでみる事にしてみました。
効果は人それぞれかもしれませんが私には効果はかなりあり、2週間位でホットフラッシュの症状は治まり、2か月後にはきちんと生理が戻り周期が整うようになったので、これからも続けていこうと思っています。

 

更年期体験談02

更年期障害を周りにも理解してほしい。

更年期障害と言っても個人差や症状も時期も様々あります。そんな更年期障害に辛い思いを抱いて悩んでいる女性は本当に多いですよね。私も現在そんな一人です。義理の両親の介護をきっかけに専業主婦になったのが、更年期障害を発症してしまうきっかけでした。

 

2年目になりますが、今までの自分とは、全く違うと実感しています。アクティブでお出掛け大好き、友達との付き合いもマメだったのですが、今は真逆の状態で毎日を過ごしています。今時の言葉で言うと、気持ち的に上がらないって感じでしょうか。私のやる気スイッチはどこにあるんだろうか?という感じでしょうか。一時は不眠症や目眩にも悩まされました。

 

とにかく気持ちの落ち込みが激しくて、常にイライラしている状態で、自分で感情のコントロールが出来ない毎日でした。今はそういった症状は改善されてはいますがまだまだやる気スイッチは入らない症状です。本当に辛いですね。一番理解してもらいたい主人に理解してもらえないというのも、更年期障害が長引いている原因のひとつでもありますね難しい話ですよね、男性に更年期障害を理解してもらうのって。世の中の男性には、もっと女性の更年期障害に理解を示して貰いたいと言いたいです。

 

更年期体験談03

若年性の更年期障害でした。

現在45歳の主婦です。本格的な更年期はまだ経験したことがないのですが、私自身が30代半ば、子供がまだ幼稚園児で、子育てが気力的にも体力的にも一番キツイと感じていた頃に体調を崩し、婦人科を受診しました。

 

症状としては、不眠、めまい、食欲不振、吐き気、ほてり感 です。お医者様の診断では、一時的な自律神経失調症、若年性の更年期障害とのことでした。当時は夜もなかなか眠れず、睡眠不足のせいでいつもイライラしていて、味覚もおかしくなり、食事をしてもまるで砂を噛んでいるような感じでした。ダイエットしていた訳でもないのに、数か月で体重が3キロほど勝手におちて、周りからも「最近痩せた?」と聞かれるくらいでした。

 

 それでも主婦には完全な休みなど全くなく、家事と育児は容赦なく私を追いかけてきて、本当につらい日々を過ごしていました。近所のスーパーに買い物にいくことすらしんどくて、出先で耐えられなくなり、思わずしゃがみ込んでしまうこともありました。 その時季節は真冬だったのですが、私はやたらと体がほてっていたので、外出する時、コートの下は半袖のタートル一枚くらいでちょうどよかったです。

 

何も知らない近所の人に「いつも薄着で元気やね〜」と言われたりしていましたが、自分の体調を説明すること自体がしんどくて、なんとなく笑ってごまかしていました。 更年期障害のつらさは、実際に経験してみないとわからないですから。家にいるときはソファ等で横になっていることも多かったのですが、幼稚園の行事やPTAを休むことはできなくて、必死で参加していました。

 

今思えば、園に事情を話して、少し休ませてもらえばよかったのかも知れないですけど、自分の母親だけ来てくれないとなると、子供が可哀想だと思ったのです。近くに頼れる祖父母がいればよかったのですが、祖父母は私の場合は頼りになりませんでした。 ちなみに夫も仕事が忙しくて毎晩帰宅が遅く、家事育児を頼れる状態ではありませんでした。

 

その後は、婦人科で処方して頂いたお薬(漢方薬と軽い安定剤)が効いたのか、子供の成長と共に私の精神状態が落ち着き始めたのか、何がよかったのかはハッキリしませんが、2、3年かけて徐々に食欲も体重も元に戻り、明るく笑えるようにもなりました。 でも婦人科には今も数か月に一度、定期的に通っています。当時はどうなることかと不安でいっぱいでしたが、明けない夜はないのですね。

 

今後、数年後に私にも本格的な更年期が訪れるかもしれませんが、30代の体調不良を克服した経験があるので、次も乗り越えられるような気がしています。更年期で苦しんでいる人の気持ちも理解できますし。40代半ばになった今では、何事も経験、人生勉強だと思っています。